【番外編】ARCANA RADIO vol.48 ~ちょっと早いけど『一年の計』~

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~ちょっと早いけど『一年の計』~ 約3,000文字
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg




レ「金曜日の夜8時になりました、皆さんこんばんは。
  レイモンドです」
リ「リーザだ。よろしく」
詩「詩人でsu」

レ「さてさて今夜も始まりました、ARCANA RADIO 48回目、
  次元のハザマの某ローカルなキーステーションから
  謎の周波数、収録放送(予約投稿)にてお送りしております。
  今夜もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。」


レ「いよいよ、今年も残すところ2日…というより、1日ちょっとになりましたね」
リ「あっという間だったな……」
詩「時間が経つのは早いでsu~」
レ「……ということで、このARCANA RADIOも、今年最後の放送になりました」
詩「今年も聞いてくれてありがとうでsu♪」

レ「……で、現在隔週でおんえあしているので、来週はARCANARADIOは無いんですが……」
リ「ああ、確かに無いな」
レ「新年の話題は早いうちがいいだろうという誰かさんの考えで
   ( (>ω<)←誰かさん )
  『一年の計は元旦にあり』が本日のテーマです。(原稿棒読み)」
リ「気が早い話だな」
詩「でもまa、あと2つ寝ると元旦ですしne。」

レ「……それで、2人とも、『一年の計は元旦にあり』って聞いたことあるか?」
リ「確か、その年の計画を元旦に決めましょうってやつだろう?」
詩「ご利用は計画的ni。」
レ「……何を利用するんだ……?
  まあ、リーザの言うような感じでもあるけど――
  何も決めずにいると、だらだらしているうちに1年が過ぎてしまう…という
  感じでも使われるみたいだな」
詩「摂生はダラダラと暮らしたいでsu」
リ「まあその気持ちも分からんでもないが、それじゃあ何となく勿体ない気もするな」
レ「(カンペ)ちなみに『一日の計はあした(変換できなかった><;)にあり』と言う言葉が
  これの前にあるらしい。
  ……この『あした』は早朝の事らしいけど」
詩「明日ではないのですne。」
レ「それだと未来になっちまうなぁ。」
リ「早朝……か。
  その日の始まりということか。」
レ「ああ。
  そういえば、プロデューサーが読んだ本の中にも、
  人はどうしても惰性でその日を過ごしがちになるから、
  しっかりと1日を過ごしたいときは早朝に簡単な作業を行って
  『やればできる』の気持ちを摺り込んでおくといい……、なんていうのが
  あったみたいだな」
リ「やればできる、か。
  例えばどんな作業なんだ?」
レ「プロデューサーが2か月くらい実践しているのは
  『起きてすぐに布団を整える』って作業らしい」
詩「それだけなんですka?」
レ「動くことで目を覚ますって言う意味と、寝るときに気持ちよく眠れるって意味で
  やってるみたいだな。
  最近ようやく習慣になってきたみたいだが……。」
リ「確かに、
  気持ちよく一日を初めて、気持ちよく一日を終えるというのも大事かもしれないな。」
  (朝に出来るだけ気分よく過ごすと、その日1日気分よく過ごせる確率が高くなる……という説も。 >ω<)
レ「……それの、1年間版みたいな感じかな?」
リ「なるほどな。
  ……で、お前はどんな目標を立てるつもりなんだ?」
レ「え、いきなりその質問か??」
リ「お題が決まっていたから、もう考えてあるのかと思ってな。」
レ「いや……俺もさっき原稿を貰ったばっかりなんだが……。
  来年の目標…か……。」
詩「摂生はウマイものを新たに5種類開拓するでsu♪」
リ「お気楽な計画だな(笑)」
レ「(カンペを見る) ああ……。
  その『お気楽な計画』って言うのが実は今回のお題の大事な部分でもあるらしいんだ。」
リ「なんだって⁇」
レ「(カンペを見る) なんでも、1年の計は~の時にやりがちなのが、
  『今年こそは○○するぞ!!』って決めることが多いそうなんだが……」
リ「まあそうだな。
  達成したいことがあるから、今年こそは○○出来るようになる! みたいに気持ちを固めるよな」
レ「……んで、それがいけないことではないらしいんだけど、
  実はこれ……『今年こそは』が付いているということは、
  『今までは出来ていなかった』→『今年も頑張らないと実現できないかもしれない』という
  無意識のブレーキの暗示がかかってしまっている決め方らしいんだ。」
リ「ああ……確かにある程度出来ているなら『今年こそは』と気合を入れることもないか…?」
レ「言い方を変えると、『せねばならぬ』を決める状態って言うのかな⁇」
詩「一年の始めにいきなり重たい荷物を背負いこむ訳ですne。」
リ「……うーむ……。
  それは始めのうちこそいいが、気分が重くてなかなか続ける気が起きないな……(考)」
レ「だから、『今年こそは!』と意気込むよりも、『○○をしたい、年内には達成できている』みたいに
  言い換えて決めてみると言いそうだ。
  見た目は同じことをやっているように見えるけど、感覚としてはだいぶ違うらしい…んだが。」
リ「ほほう……。例えば、お前だとどんな感じなんだ?」
レ「うっ……。やっぱり言わせたいのか……?」
リ「いや、何となく聞いてみたいんだが。」
レ「うーん……。
  初めは『今年こそは魔術を思い出すぞ!』だったんだけど……。
  このやり方を考えると、
  『今年中(2017年)にどれか一つの属性の司(ツカサ)に会って話がしたいな』……で、
   (本当なら属性も指定した方がいいけどネタバレになるのでぼかします >ω< )
  それを年末には『どれか一つの属性の魔術を思い出して使えるようになっている』
   ……にする…のか⁇」
   (厳密には小説本編と時の流れ方が違いますが >ω<;)
詩「『話がしたい』辺りが少し微笑ましいでsu。」
リ「楽しく話が出来るといいな。(真顔)」
レ「……。そこで真顔で頷かれるとは思わなかったが……。
  ……で、リーザは?」
リ「わたしか⁇
  そうだな……自分の世界を拡げようと思ったんだが……。
  具体的に楽しく決める方がいいようだな。
  よし、『新しい場所で新しい銘柄の酒に3つ出会う』にするか。」
レ「……それって目標――」
リ「ん? なんか行ったか⁇」
レ「いいえ、楽しそうでナニヨリデスne。」
詩「摂生のセリフga」



レ「――ということで、もういくつも寝ないうちに新年がきますが、
  来年の始めには、楽しく計画を立ててみるのも良いかもしれませんね。(半分棒読み)」
詩「まずは『おせち』を堪能してみまsu♪」
リ「ああ、年明けすぐに1つ達成されそうだな。」

レ「……そろそろ時間がやってまいりました。(壁の時計を見る)
  (カンペを見る)あ…ちなみに、時間の都合で割愛しましたが
  『一年の計は元旦にあり』には、続きがあるそうです。
  興味がある方は、調べてみると良いかも……?

  ……2016年最後のARCANA RADIO、このあたりでお別れです。
  お相手は、レイモンドと」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……で、お送りしました。
  最後までご視聴くださりありがとうございました。
  では、来年の金曜日(隔週なので1月13日)、夜8時にお会いしましょう~~。
  それでは皆様、よいお年を!」

リ「また来年もよろしくな!」
詩「よいお年wo~~~♪」



(~何やら爽やかな音楽~)


(『今年(2017年)こそ小説を進めるぞ~!』
  改め
  『2017年は優雅に紅茶なぞ飲みながら、
    楽しく妄想にふけって気が付いてみたら小説が進んでいたぞ~』 >ω< )



【終】

line_3_L.pngline_3_R.png

ちょっとしたお遊びコーナーです。
あまり深く考えずにサラッと読んでくださいませ~ m(;_ _)m”

ブログ誕生日でした(過去形)

いつもありがとうございます。
こんばんは、ふぉるて@携帯メールです(*^ ^*)

(ドタバタしているうちに日付が変わってしまいました…orz)


2012年12月24日から始めた
このブログも、
何とか4年間続ける事が出来ました。
(何度かブログを畳むべきか悩みましたが… >ω<;)

ええと…5年目に突入??
↑計算が苦手


ここまで続けてこれたのも、
遊びに来て下さっている&応援して下さっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。m(_ _)m"

(じ…実は…。本当はイラストを描く予定だったのですが間に合いませんでした…(;ω;)ホロリ)


まだまだ必要最低限の更新しか出来ない状態ですが
創作や、ブログ活動等 諦めていないので、
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m"

【番外編】ARCANA RADIO vol.47 ~冬至・一陽来復~

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~冬至・一陽来復~ (約2,700文字)
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg




レ「金曜日の夜8時になりました、皆さんこんばんは。
  レイモンドです」
リ「リーザだ。よろしく」
詩「詩人でsu」

レ「さてさて今夜も始まりました、ARCANA RADIO 47回目、
  次元のハザマの某ローカルなキーステーションから
  謎の周波数、収録放送(予約投稿)にてお送りしております。
  今夜もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。」


リ「……なんとか間に合ったか……。」
詩「間に合いましたne……」
レ「ここのところ、プロデューサーの生活リズムがガラッと変わったから、
  まだまだドタバタしてるみたいだしなぁ……。
  何とか間に合って良かった……」


リ「ところで、今日のお題は何なんだ?」
レ「ああ、今日のお題か…(カンペを見る)
  ええと……今年も残すところ半月となりましたね。
  さて、突然ですが12月というと……?(カンペ棒読み)」
リ「確か、プロデューサーの住んでいる世界ではクリスマスというやつがあるらしいな。」
詩「ケーキを思いっきり食べるでsu!」
レ「――が、一番先に意識が行くと思いますが、
  今回はあえて別の内容で――(カンペ棒読み)」
リ「なんだ、違うのか?」
詩「食べられないのですka。鬼でsu。」

レ「……で、『冬至』が今回のお題だそうだ。」

リ「冬至⁇
  ああ、1年のうちで一番日が短い頃だったか?
  あまり詳しくは知らないんだが。」
レ「まあ、そんな感じだよな。
  冬至は、(北半球で)1年のうちで最も日照時間が短い日の事で、
  トウキョウあたりだと、夏至(最も日照時間が長い日)よりも
  約4時間40分近くも長さに差があるのだそうです。」
リ「へえ…そんなに差があるのか。」
レ「あくまでもトウキョウの位置での話だから、
  北に行くほどもっと差が大きくなるらしいぞ」
詩「摂生の活動時間が増えますne。」
リ「お前は北に住む方が良さそうだな。服装も夏場には暑そうだし…」
レ「ルクト王国は結構日が長い方だろうなぁ……。
  (資料を見る)ちなみに、今年…2016年の冬至は12月21日だそうです。」
詩「もうすぐですne。」

リ「なるほどな。
  1年のうちで一番日照時間が短くなるのは分かったんだが、
  プロデューサーの国では何か行事なんかはあるのか?」
レ「ええと……。
  カボチャを食べたり、柚子湯に入ったりするらしいな。」
詩「カボチャにユズですka…」
リ「何か理由があるのか?」
レ「え~と……。(資料を見る)
  ちょっと言い方が正確ではないかも知れないんだが、
  縁起担ぎみたいなものがあるらしくて、
  冬至の時期は(五行の表みたいのがあるみたいですが)、
  『ん』が付くものを食べるといいそうなんだ。」
リ「ん⁇
  カボチャには『ん』は付いていないぞ?」
詩「カボチャンですka。」
レ「誰だそりゃ。(笑)
  ええと……。カボチャは昔、『南瓜(なんきん)』と呼んだそうなんだ。」
リ「ああ、確かに『ん』が付くな。」
レ「夏の土用に『う』が付くものを食べるのも同じ理由らしいんだが……。
  栄養的にも、カボチャはビタミンAやカロチンってやつが豊富らしくて
  血管の病気予防や風邪の予防にもいいらしいな。
  ……って、栄養の事は、俺はあまり詳しくは知らないが……。」
詩「カボチャのたっぷり入ったホウトウが食べたいでsu。
  聞いた話だと凄く美味しそうでしta……(遠い目)」
リ「他にも『ん』のつくやつもいいのか?」
レ「ええと…調べたところでは、ほかのも良いみたいだなぁ。
  (説によっては、『ん』が2つつくもの…というのもあるみたいです >ω<; )
  だいこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、うどん(うんどん)、ぽんかん…」
詩「ようかん、おんせんまんじゅう、かんてん、けーきん……」
レ「最後のは聞いたことがないぞ……?」
リ「どうしてもケーキが食いたいみたいだな……。」
詩「いちごんをのせてもいいでsu。」
レ「……だんだん訳が分からなくなってきたぞ……?」


リ「カボチャの方は分かったんだが、ユズの方はなんでなんだ?
  『ん』は付いていないぞ?」
レ「こっちも語呂合わせはあるらしいんだけどな。
  柚子が効く→『融通が利く』、湯治→『冬至』で、
  冬至に融通(柚子)が利く湯治……とかなんとか……。」
詩「昔の人は言葉遊びが好きだったんですかne~」
レ「……けど、本当は、1年のうちで一番日照時間が短い……
  太陽が新しく生まれ変わる日(これから太陽の時間が増えていく)とか、
  この日を境に運気が上昇していく節目の日、みたいな感じで
  縁起の良い『一陽来復』って言われてた日に、
  新しく運気を呼び込むために禊(みそぎ)をした……のが柚子湯の始まりらしい。
  ……昔は今とは違って、頻繁に風呂に入る習慣はなかったらしいな。」
リ「なるほどな。禊か。」
レ「(資料を捲る)……で、香の強いもので邪気を払う……という理由で、
  柚子を入れてたらしい……んだけど、
  柚子湯には血行を良くして、体が良く温まる…っていう効能があって、
  風邪の予防にも効果があるらしいな。」
リ「なるほど……駄洒落だけではないわけだな。」
レ「風邪も邪気とされてた頃の話だし、
  日が短くて寒い時期に、禊としてもちゃんと意味が通ってるよな。」
詩「そうka! カボチャのけーきんと柚子酒にすればいいんですne!」
レ「――そっちの話は終わって今は柚子湯の話だぞっ。」
リ「……まだ食う方を考えていたのか。
  ああ、でも柚子酒はわたしも賛成だな(笑)
  (食べ物の資料を漁る)うんしゅうみかんの酒でもいいんだが……。
  カボチャが沢山入ったうどんを食って、
  だいこんとにんじんのツケモノ(漬物)でもつまみにしてみるか。
  たしか…だいこんの……たくあん…とかいったか⁇」
レ「……黄色い食卓になりそうだな……」


レ「……と、そろそろ時間の様です。(壁の時計を見る)
  本日のテーマは、『冬至』でした。」
リ「これから本格的に寒い季節だな。」
詩「風邪を引かないように気を付けまshow。」



レ「さて、ARCANA RADIO 第47回、
  今夜は この辺りでお別れです。
  お相手は、レイモンドと」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……で、お送りしました。
  最後までご視聴くださりありがとうございました。
  まだ、しばらくの間は隔週でやって行きたいと思います。
  またよろしくお願い致します。
  では、また再来週の金曜日、夜8時にお会いしましょう~~」

リ「またな」
詩「またでsu~~~」




(~何やら爽やかな音楽~)


【終】

line_3_L.pngline_3_R.png

ちょっとしたお遊びコーナーです。
あまり深く考えずにサラッと読んでくださいませ~ m(;_ _)m”

ARCANA RADIO 番外編(『忙』について)

レ「金曜日になりました。皆さんこんばんは。ARCANA RADIOの時間です。」


リ「うん?
  なんだか今日はいつもと違うな。」
レ「ああ。そうなんだ。
  実は、ここ数日、あちこち出掛けていて(泊まりがけ含む)収録をしている時間が無くて、
  移動中に‘けーたい’というやつでおんえあするらしいんだよな」
リ「出掛けて居るのか。」
詩「けーたいめーるからだと予約投稿というのが出来ないみたいですne。」
レ「そうらしいなぁ。
  と言うことで、手動のおんえあなので、時間が正確ではありません。すみません。」
リ「うまくおんえあできるといいんだがな。」


リ「……で、今日のお題はなんなんだ?」
レ「うーん…?(カンペを見る)
  『忙しい』について??」
詩「プロデューサーの事ですかne。」
レ「このお題自体はだいぶ前から少し考えてたみたいなんだだが、ちょうどそんな感じになっちまってるなあ」

リ「去年くらいから意識して、あまり予定を詰め込まないように心がけては居たみたいだが…?」
レ「そうみたいなんだよな。
  でもこの様子だと失敗してる時もあるみたいだなあ。
  ……で、この『忙』というカンジ(漢字)の事なんだが、心がなくなる……って書くらしいんだ。」
リ「心がなくなる…か。
  何も感じなくなるって事か?」
レ「カンゴリン(漢語林)てやつでは、平常な心が無くなる…と書いてあったみたいだけど、
リーザが言ってるみたいに忙しい時って喜んだり楽しんだりって感情も消えやすくなるよな。」
詩「プロデューサーは想像力も無くなるとか言ってましたne。」
レ「いつも予定の事ばかり考えてしまって、空想してる時間がなくなっちまうみたいだな。」
詩「ぼんやりする時間も大事ですよne」
レ「そうらしいな。
  で、人間の脳みそって、何か考え事をしていると、実際には何かをやっているわけではなくても精神力を消耗していくらしいぞ。」
リ「そうなのか?」
レ「(資料を見る)
  1日のうちでジワジワと消費していくそうだ。
  例えば、午前中に凄く我慢しなければならない事があったとき、午後から…というか、その後から集中力が持たなくなる…という研究結果もあるらしい」

詩「……と、言うことwa……?」

レ「えーと、例えばずっと、『あれをしなければ』『これをしなければ』と考えて居ると、実際には行動に移していなくても
  それだけで精神力の方は消耗していく…って事みたいだな。」
リ「ああ……そう言えば、前々から予定の事が心配で心の準備をしていたはいいが、本番近くになってやたらと疲れてしまっていた…なんて事があったな……」

レ「……で、プロデューサーは昨年くらいから、出来る範囲で『余計な事は考えない』と『予定は詰め込み過ぎない(出来る範囲で)』『(少しだけでも)空白の時間を取る』と言うことを練習しているみたいなんだ。」
リ「余計なことは考えない…か。
  しかし、実際は難しそうだな」
レ「ああ……実際やるとなると慣れるまで難しいみたいだな。
  なんでも、イメージとしては『頭の中の一時メモリー領域を解放させる』とかなんとか言ってたが……」
リ「一時…なんだって??」
レ「(カンペを見る)……キャッシュのクリア……??

  ……いや、良くわからないんだが、ずっと頭の中でグルグルしているものは、全部紙に書き出して、頭の中から追い出すようにしたんだそうだ」
詩「ずっと考え続けないようにしたんですne。」
レ「……まあ、この前のおんえあの手帳の話と組み合わせて、精神力から先に消耗してしまわないように、然るべき時に動けるように……練習しているらしいんだけどな。」
リ「ううむ……わかったような、わからないような……」

レ「これも前回のおんえあの話に被るが
  妄想…『まだ起きても居ないことをあれこれと考えたり思い煩うこと』にも繋がるんだけど、
先の事に囚われ過ぎないように、『今』に集中出来るように練習しているそうだ。」
詩「先の事の記憶は紙に預けるわけですne。」
レ「そうだな。
  後は、タイマーで5分間だけでも時間を確保して、
  その間は呼吸だけに集中して何も考えないようにすると、
  それだけでも少し頭が楽になるみたいだな。(もう少し出来そうなら延長可)」


リ「……で、時々失敗すると。」
レ「……そうみたいだな。(笑)」
詩「まだまだ修行が足りませんne。」


レ「あ…
  『今』に集中して頭の中の一時メモリー(雑多な事)をクリアにする……について興味を持った方は、
  …呼び方には色々あるみたいですが『マインドフルネス』や『瞑想』と言うキーワードで調べてみると良いかも知れません(原稿棒読み)」
リ「原理を考えてみると、シンプルなもんなんだな。」
レ「……ちなみにプロデューサーは、びじねす関連の記事や本であちこちに書かれていて、実践をし始めたそうです。
  多忙な毎日を送っている方は、もし気が向いたら試してみてくださいね。」




レ「……と言う事で、そろそろ時間のようです。
  ARCANA RADIO番外編、今日はこの辺りでお別れです。
  お相手は」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……と、レイモンドでお送りしました。
  では、また再来週の金曜日夜8時にお会いしましょう!」

リ「またな!」
詩「またでsu~♪」



(爽やかな音楽&「何とか間に合ったな~…」の声)
プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる