ARCANA RADIO ~もうすぐぶろぐ誕生日 ~

レ:金曜日の夜8時くらいになりました。
皆さんこんばんは。レイモンドです。
リ:今日も「夜8時くらい」なんだな。
レ:ああ、ここのところはずっとほぼ生放送でのおんえあだな。
詩:それでも何とか続けられているみたいで良かったですga。
レ:なんとか、な。

リ:それで、今日のお題はなんなんだ?
レ:うーん……?(チラリとカンペを見る)
相変わらずお題は確定してないみたいだなあ。
詩:相変わらずですne。

リ:ネタはたくさん有りそうなんだがな。
レ:ああ、年末だし、そろそろこの「ぶろぐ」の誕生日だしなあ。
詩:「くりすますいぶ」ga、ぶろぐの誕生日でしたne。
レ:はじめの頃は、忘れないから、良い日だと思ってたらしいんだけど、最近は『ああ、しまった』と思うときがあるそうだ。
リ:どうしてなんだ?
レ:……この時期って、ただでさえ忙しいだろ?
リ:ああ、くりすますに年末年初の準備……色々とあるな。
レ:それでさ、『日頃の感謝の気持ちを込めて』とかいって、ぶろぐ誕生日イラストを描こうとしたとするだろ?
リ:せっかくだから、綺麗に描きたいだろうな。
レ:……だがしかし、その日がくりすますいぶだ。
くりすますイラストを描きたいと思ったりもするよな?
リ:まあ、せっかくだからくりすますのイベントも、綺麗に描きたいだろうな。
レ:そこで暦を見ると、もうすぐ新年だ。
新年のごあいさつに、年賀イラストを描こうと思うよな?
リ:新年の挨拶だからな。せっかくだから綺麗に描きたいだろうな。
詩:姐さん、さっきから同じ事ばかり返してるですyo。
リ:仕方無いだろう。どれもそう思ったんだ。
レ:だが、全部やろうとしても、親族や家の事がほぼ強制的に優先されてしまうとするだろ?
リ:……間に合うのか??
レ:……だから、『ああ、しまった』なんだそうだ……。
(まにあわぬ。orz)
詩:かといって真夏に年賀イラストを描く気にはなかなかなれないでしょうne~……
レ:……と、そんなこんなで今年も頭の中がパニックになっているそうだ。
リ:それは困ったな……。
うーむ、ならば少し話をずらすとするか。
もうすぐぶろぐ誕生日だというが、そもそもプロデューサーは、何でこのぶろぐを立ち上げたんだろうな?

レ:ずらすって言うか、中心の方に向けたな。
(チラリとカンペを見る)
……このぶろぐの頭の『総合案内』にもあるように、楽しみながら何か一つ、世界を作ってみたかったそうだ。
リ:しかし、それならわざわざ『ぶろぐ』を立ち上げる必要はないだろう?
レ:(カンペを見る)……ねっとを通じて、他の作家さんたちと交流してみたかったから……っていうのもあるらしいが、ある『願い』がもっと奥にあったそうだ。
詩:前にもそんな話をしてましたne。
その『願い』っていうのhaなんなんでshow?
レ:(チラリとカンペを見る)……少しだけ明かすと、プロデューサー、学生時代に登校拒否と自殺願望があったらしいな。
リ:それらしい話は以前うっすらとしていた時があったな。
レ:思考回路が変わってるからなあ……。
いまでこそ、視点が面白いって話を聞いてくれる人がいることがわかったものの、当時はすごく生きづらかったみたいでさ。
リ:まあ、確かに思考回路は変わってはいるな。
レ:そんな時に、小説をはじめとして、いろいろな物語や空想の世界に触れて、何度も心を助けられたらしいんだ。
現実では窮屈な思いをしていても、物語に触れている間は自由だったらしい。
詩:なるほdo。空想の世界はどこまでも広いですからne。
レ:だから、自分が大人になったいま、ほんの少しでも、今のこの現実に生きづらさを感じたり失望している人に、まだまだ捨てたもんじゃないな、と思ってもらったり、心を遊ばせられるようなものが出来たらいいな、と思ったらしい。
(↑実際にそう出来ているのかは別として…… >ω<;)
たとえ学校に行けなくても、もしくは人並みに仕事ができなかったとしても、他にも生きる世界(考え方、身の置き方)はいくつもあるから、と。
ーーもちろん、毎日楽しく暮らしてる人にも、一つの作品として触れてみて欲しいみたいだけどな?
リ:なるほどな。だから以前に『まだ、ある願いがあるから、どんなに忙しくても、やめるわけにはいかない』と言っていたのか。
詩:ふむふmu。対象年齢を出切るだけ絞らないようにしていたのmo、そのためだったのですne。

レ:(チラリとカンペを見る)……で、これからどんどんと、一方的な正義を振りかざして自分の意に沿わない誰かを意図的に傷つけようとしたり、『右ならえ』で少数派の意見は吊し上げみたいな風潮がある時代になって行きそうだけど、それでも、誰か一人だけでもいいから、そういったものに振り回されずに前を向くキッカケになったり、役に立てたらいいな……だそうな。

このぶろぐの中心にある考えは『魔術的カバラ』……人が世の中(浮き世、現世(うつしよ))の苦しみやしがらみ・囚われの幻想を打ち破って、自分本来の有るべき姿で生きるための道、らしいからなぁ。
(神の意識下で生きる、とよく表現されていますが、偉くなろうという意味ではないです。 >ω< )
ーーって偉そうに言っても、他の2000年以上昔に言われていた、幾つかの国の哲学や思想を聞いたり触れたり繋げたりして、言葉や表現が違えど みんな同じ事をさして言っていたんだと、最近やっとわかって来はじめたらしいんだが……。
(カンペを見る)……っと、あんまりバラし過ぎない方がいいか。(汗)
あぶない、あぶない……
リ:幻想を打ち破る……か……。
レ:なんでも、魔術的カバラと繋がりがあるって言われているタロットカードには何度も『幻想』って言葉が出るらしいからな。
詩:現世(うつしよ)の幻想を打ち破るためのぶろぐ(あくまでも一個人の一つの考えですが>ω<;)が、ふぁんたじー(幻想物語)とha、なんとも不思議なものですne……

レ:ま、一番は、『楽しむこと!』だそうだが。(笑)
詩:摂生も賛成でsu♪


レ:……っと、なにやら偉そうなことを言っているうちに時間になってしまいました。
リ:偉そうなことを言うと、なにかまずいのか?
レ:(こっそりカンペを指差しながら) ……逃げ道がなくなるだろ?
リ:……ああ、ごもっともだ。(笑)


レ:(カンペをみる)
……さて、そんなこんなでこのぶろぐ『ちいさなほんだな(某魔術師の備忘録)』も、12月24日で、5周年を迎えます。(6年目に突入!? >ω<; あってるのかな)
そのわりにぜんぜん進んでいなくてお恥ずかしい限りですが、本編の方は、道筋をノートに書き留めてあるので、戻れなくなった!にはならないので、そこは大丈夫だそうです。
話に深みを持たせるための、作者の熟成期間……とか言い訳をしていますが、……ぼそ。(腐らせるなよ?)

そして、遊びに来てくださる方、そっと応援していてくださる方、いつもありがとうございます。
こうやって、少しずつでも進めていけるのも、画面の前にいて、聞いて(読んで)くださるあなたのおかげです。
本当にありがとうございます。


まだまだ、『完全復帰』とまではいきませんが、
少しずつでも続けて行きたいと思いますので、宜しければこれからもお付き合いください。(ぺこり)
リ:これからも宜しくな!
詩:よろしくでsu☆

レ:では、今年最後のARCANA RADIO、この辺りでお別れです。
また来年、金曜日夜8時くらいに、お会いしましょう。それでは、まだ早いですが、良いお年を!
リ:またな! 良い年を迎えてくれ!
詩:良い年wo、でsu~♪

(なにやら爽やかな音楽と、『ケーキけーきでsu☆』の声)











ARCANA RADIO ~ 隠れた本心 ~

レ:金曜日のだいたい夜8時になりました。こんばんは、レイモンドです。
リ:今日も『だいたい8時』なんだな。
レ:ああ、今夜もほぼ生放送のおんえあ だな。
ついさっき帰ってきたばかりだからなあ。
詩:おんえあ時間に間に合うといいですne。
リ:ついさっきか…
レ:本当はもっと早く帰るつもりだったらしいんだが、初対面の人と話が盛り上がってしまったらしくてなぁ。
リ:珍しいな。
レ:面白い話を沢山してくれたらしくて、ついつい聞き入ってしまったそうだ。
久しぶりに純粋に沢山笑ったらしくてさ。
リ:なるほどな。
どんな話だったんだ?
レ:いや、それが、次から次へと話題が沢山有りすぎて、ここでは話しきれないような感じだったな。
詩:そんなに沢山あったのですka。
リ:ふーむ……。じゃあその内容は横に置いておくとして、
そんな沢山の話を聞いて、プロデューサーはなにか感じた事はあったんだろうか。
レ:(ちらりとカンペを見る)
ん~…。
凄く勉強になって有意義な時間だったそうだ。
でも、なぜかその人の心の叫びみたいのを感じたらしい。
リ:心の叫び??
レ:(カンペを見る)
ああ。なんでも、ものすごく忙しいスケジュールの人だったみたいでさ。
話を聞いていると、凄く充実しているみたいなんだが、どうにも本当は、望んで居ない事柄も沢山あって『休ませてくれ!』って言ってるように聞こえたみたいで……
リ:なるほどな。
この時期は特に多忙になりやすいからな。
レ:話を聞いていると、周りの事柄からも『そろそろ休め』っていう信号が出てるみたいなんだが…流石に初対面の人に言うわけにも……なぁ。
詩:確かni。
レ:ついつい無理だ!と思いながらも『出来てしまう』から止まれないんだろうな…とはおもいつつ、
でも、良かれと思って本心の部分に触れたらブチキレられるんだろうなと言うのは、
過去に何度か経験があったから、流石にプロデューサーも学習したみたいで、そのまま楽しいと思った事柄に聞き入っていたらしい。
……今の時点では、その人と信じているものが、真逆だろうからなあ……。
それでも仲良くなりたいとか、力になりたいと思ったらリスクを承知で踏み込む事もあるらしいけど、会ったばかりじゃなんとも……
リ:難しいものだな。
レ:ああ、初対面となると、本当の所は違うのかも知れないし、なんとも言えないよな。
もしかしたら、こっちがそう決めつけてるだけかも知れないし。
詩:余計なお世話になってしまいかねませんしne……
レ:(カンペを見る)余計な事を言って、上から目線て言われるのも本望じゃないしなぁ。
それに、あれだけ頭の回転がいい人なら、自分で気がつくだろうな…だそうだ。
リ:本心を薄々感づいては居るようだったんだな。
レ:そうみたいだな。



レ:(カンペを見る)……で、もうひとつ感じた事は、そういうふうに感じる場に居合わせたって事は、
自分にも鏡合わせの原因があるんだろうな、と言うことらしい。
自分に対して『気付け』と 引き合わされる事が何度かあったみたいだしな。
リ:鏡……。
……休ませてくれ! か……。
レ:ああ、たぶんなあ。
出来るだけ自分の時間を確保したいのに、どんどん予定が入って来てしまうらしくてさ。
頼まれると弱いのは自覚しているみたいなんだが……
……それでも何とか時間を空けて、自分の心と体を休ませないと、まずいんだろうな、と……。
詩:そういえばba、周りも無理をしている人が多いみたいですne。
レ:ああ。その『無理をしてまでやってしまう』本当の理由を……それをやらない事に対して、何を恐れているのか、
今の自分の信念と反すると『思い込んでいる』ものは何なのか、
なにを本当はやりたくて、何をやりたくないのか……
見直す時期なのかも知れない、と思ったそうだ。
リ:うーむ……。
一度このあたりで真剣に振り返った方が良さそうだな……。
詩:そうですne。



レ:……っと、そろそろ時間が来てしまいました。
今日のテーマは 『隠れた本心』でした。
(カンペを見る)もし、皆さんにも心当たりがあったら、少しだけ時間を取って、振り返ってみるといいかも知れませんね。
リ:うーむ…自分ではなかなか気付けないものなんだな…。
詩:もしかしたら自分のこと『が』一番分からないものなのかも知れませんne~



レ:では、また、再来週の金曜日夜8時位に、お会いしましょう!
リ:またな!
詩:またでsu~☆



(なにやら爽やかな音楽)
プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる