【番外編】ARCANA RADIO vol.17

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~ レイモンドの魔術言語であそぼう ~ (約1,800文字)
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg




レ「金曜日の夜8時になりました、皆さんこんばんは。
レイモンドです」
リ「リーザだ。よろしく」
詩「詩人でsu」

レ「朝晩はだいぶ寒くなってきましたね。
  さてさて今夜も始まりました、ARCANA RADIO 17回目、
  次元のハザマの某ローカルなキーステーションから
  謎の周波数、収録放送(予約投稿)にてお送りしております。
  今夜もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。」


詩「それde、今日は何をやるですka?」
レ「今日は『レイモンドの魔術言語であそぼう』だな」
リ「そうだ、その魔術言語の授業について、わたしから少しやってみてほしい事がある」
レ「やってみてほしい事?」
リ「ああ。
  会話を教える授業って割と真面目な内容が多いじゃないか。
  あいさつだったり、学校や仕事の一部だったり……」
レ「確かに、日時で使うような一面を切り取った、真面目な会話が多いな」
リ「だが、わたしたちにしてみると、学校には行ってないし、
  仕事といってもちょっと違うだろう?
  視聴してくれている人たちも、いつも真面目な会話だけよりも、
  たまには変わった感じでやると楽しいんじゃないかと思うんだが……」
詩「なるほど、そうですne」

レ「そうだな……たまには変わった感じでやってみるか。
  でも、そうだとすると、どんなのがいいんだろう?」
リ「うーむ……。
  わたしたちが行動しているときに聞くようなやつがいいな。
  ……盗賊が良く使うような捨て台詞なんかどうだ?」
レ「捨て台詞か?(笑)
  ……例えば……『おとといきやがれ!』とか?」
リ「ああ、それがいいな!
  あとはそれに返す言葉が欲しいんだが」
詩「『顔を洗って出直しな』辺りですかne……」
レ「……なかなか凄い講座になりそうだなあ……(笑)
  よし、面白そうだから、今日はそれにしてみようか」
詩「出来るんですne」
レ「ただし、実際には使っちゃダメだぞ?(笑)」
  (紙とペンを手に取る)
詩「姐さんくらいしか使わないde……ふごふgo……」
リ「よし、教えてくれ」
レ「……(苦笑)」


レ「では、早速始めましょう。
  まずはお手本を……。
  おとといきやがれ!(※1)
  『!』(ヴィヌ オントウヘイロウ!)」

  (リーザと詩人、紙を見ながら)
リ「『!』(ヴィヌ オントウヘイロウ!)」
詩「『!』(ヴィヌ オントウヘイロウ!)」

レ「顔を洗って出直しな!(※1)
  『!』
   (プリヌ フリソ カミンキャ ロヴェ ヴェオン ヴェゾガン!)」
リ「……長いな……。」
レ「ちょっと頑張ってくれ(笑)」

リ「『!』
  (プリヌ フリソ カミンキャ ロヴェ ヴェオン ヴェゾガン!)」
詩「『!』
  (プリヌ フリソ カミンキャ ロヴェ ヴェオン ヴェゾガン!)」

レ「……という感じかな?」
詩「何となくスカッとするでsu」


レ「では、使ってみましょう。
  ……ええと、じゃあまず俺がおとといきやがれ! って言うから、
  リーザが返してくれ」
リ「わかった」

レ「『!』(ヴィヌ オントウヘイロウ!)」
リ「……(笑顔で凄みながら)『!』
  (プリヌ フリソ カミンキャ ロヴェ ヴェオン ヴェゾガン!)」
レ「うをっ……」
詩「こ、怖いでsuっ!」
レ「……迫真の演技でした。
  で……では、続いて、詩人に……」

詩「お……おとといきてくだsai……
レ「……お願いしてどうするんだ……(苦笑)」



レ「さて、本日の『レイモンドの魔術言語であそぼう』は、何故か『捨て台詞編 』でした。
  ……良い子は真似しないようにな」
詩「できまsen……」
リ「なかなか良いアイデアだと思ったんだがな……。
  普通に言った方が楽だったかもしれん。
  ……しかし、魔術師と言う職業は大変な仕事だな」
レ「急にどうしたんだ?」
リ「舌を噛みそうになったぞ」
詩「摂生も噛みそうになったでsu~~~」
レ「実は俺も稀に噛む……(苦笑)」
リ「なに、本職でも噛むのか!!」
詩「噛むとどうなるでsu?」
レ「まあ、大体は不発に終わるだけなんだけど、稀に暴発するな……」
詩「恐ろしい仕事ですne……」


レ「……ん? そろそろ時間がやってまいりました…やっぱり短い気がするなあ。
  (部屋の時計を見る)
  ARCANA RADIO 第17回、今夜は この辺りでお別れです。
  お相手は、レイモンドと」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……で、お送りしました。
  最後までご視聴くださりありがとうございました。
  では、また来週の金曜日、夜8時にお会いしましょう~~」

リ「またな」
詩「また来週でsu~~~~~」


(~何やら爽やかな音楽~)


【終】

line_3_L.pngline_3_R.png

ちょっとしたお遊びコーナーです。
あまり深く考えずにサラッと読んでくださいませ~ m(;_ _)m”
(※1) うまく翻訳が出来なかったので、意訳です。

関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる