【番外編】ARCANA RADIO vol.28

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~ リーザの漢語林の旅 【寿】 ~ 約(2,800文字)
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg




レ「金曜日の夜8時になりました、皆さんこんばんは。
  レイモンドです」
リ「リーザだ。よろしく」
詩「詩人でsu」

レ「さてさて今夜も始まりました、ARCANA RADIO 28回目、
  次元のハザマの某ローカルなキーステーションから
  謎の周波数、収録放送(予約投稿)にてお送りしております。
  今夜もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。」



詩「de、今日のお題はなんですka?」
レ「今回は…… 昨年末くらいから順番が狂ったのと
  プロデューサーの目の都合でよけていた
  『漢語林の旅』を久しぶりにやるらしい」
リ「わたしの出番か。確かにこの本は字が細かいからな……。」
詩「辞書ですしne。でも、久しぶりですne、どんな字が出るか楽しみでsu」

レ「では、早速初めて見ましょう」
(パラパラと捲り始める)
リ「……これだっ!(ビシッ!と指を指す)」

詩「…………(覗き込む)」
レ「ええと……『寿』だな」
リ「どんな意味なんだ?」


レ「ええと……。

  寿 読み ジュ ことぶき

  老+ジュ(漢字が出ない orz)
  音符のジュは、長くつらなるの意味。
  年老いるまで生命が長くつらなる、いのちながいの意味を表す。

  ……だな」
リ「縁起の良い漢字なんだな」
詩「新年に狙ったかのようでsu」
(狙ってないよ~! >ω< と遠くから声が入る)

レ「それで……。意味としては、

  ①ひさしい。いのちながし。寿命が長い。
  ②いのち。とし。よわい。「長寿」
  ③としより。
  ④ことほぐ。いわう。また、ことほぎ。ことぶき。
   尊者に杯を進め、健康を祝福したり喜びをいわうこと。また、そのことば。
  ⑤星座の名。二十八宿の一つ。人の生命をつかさどるという。


  ……だそうだ。
  使い方もちょっとだけ読んでみようか。

 【寿域】ジュイキ  ①良く治まった世。②生存中につくる墓。寿宮。寿城。
            ③長寿の境地。
 【寿長】ジュチョウ ①長命。長寿。②髪の神。


詩「洒落ですka」
レ「いや、真面目に読んでるぞ(苦笑)

  ……あともう一つくらい行こうか。

 【寿賀】ジュガ 長寿の祝い。
           還暦;カンレキ(六十歳)、古稀;コキ(七十歳)、
           喜寿;キジュ(七十七歳)、米寿;ベイジュ(八十八歳)
           白寿;ハクジュ(九十九歳)などがある
 」

リ「ふむふむ……。」


レ「それで……少しだけ詳しく取り上げてみると、
  八十八歳を『米寿』、九十九歳を『白寿』と言うらしい」
リ「どうしてなんだ?」
レ「……これは漢数字にするとわかるらしいんだ……(紙とペンを出す)
  『八十八』を重ねて書くと……」
詩「a。『米』ですka」
レ「ああ。……少し変な米だけどな(笑)」
リ「しかし『九十九』は、そうならないだろう?」
レ「そっちは、ちょっと考え方が違くて……
  漢字の数字では100は『百』と書くらしいんだけど……」
リ「ふむふむ」
レ「そこから、『1足りない』……『一』を消すと……」
詩「『白』になったでsu!」
リ「おお、本当だ!」
レ「……と、言うことらしい」
リ「これは面白いな」
レ「……で、九十九は『つくも』とも読むらしくて、
  特殊な数字みたいなんだけど……
  ……これは、話が長くなりすぎるから、またいつか……あるといいな(笑)」
詩「たぶんプロデューサーが忘れますne……」


レ「で、還暦って60年の節目らしいんだけど……」
リ「これはどう見ても組み立てられないぞ?」
レ「いや、これは由来が違うらしいんだ(笑)」
詩「由来が違うんですka」
レ「ああ。なんでも……『干支(えと)』ってあるだろ?」
リ「昨年の年末頃に少しだけ話をしていたヤツだな?
  12種類の動物が一年毎に巡るんだったか」
レ「そうそう。十二支の話だったな。
  それで、12年毎に『年男・年女』になる……までは、話をしたんだけど、
  本当は、それに加えて『十干』って言うのがあるらしいんだ」
詩「十干ってなんですka?」

レ「ええと……(資料を見る)
  甲 (こう)・乙 (おつ)・丙 (へい)・丁 (てい)・
  戊 (ぼ)・己 (き)・庚 (こう)・辛 (しん)・
  壬 (じん)・癸 (き)
  ……って言う10通りのものがあって、
  それと十二支が、歯車のように組み合わさりながら
  グルグルと回って居るそうなんだ」
リ「歯車のように、か」
レ「ああ。片方は10個で、片方は12個の歯車だから、
  組み合わせがどんどんずれていくみたいだ。
  ……それでその歯車が一周するのに、60年かかるらしい」
詩「それで60年目ga……」
レ「そう、『自分の本当の干支』……ええと、
  本卦(ほんけ)って言うらしいんだけど、
  それに『還る』年だから、『還暦』と言うらしいんだ。」
リ「なるほどな……。
  しかし、60年じゃ、一生のうちに一度あるかないか、だな」
レ「今でこそ60歳も元気な人が多いけど、
  昔は、無事に迎えられる人は珍しい方だったんじゃないか?」
詩「そう考えると、とてもめでたいですne」
リ「うん、めでたいな」

レ「……干と支、だから、
  本当はこの60通りの方を『干支(えと)』と
  呼んでいたんだろうな、たぶん」
 




リ「……ということで、リーザの漢語林の旅、どうだったかな?」

詩「(超 至近距離で資料を覗き込む)
  九十九髪(ツクモガミ)は、白髪(※老女のシラガ)の事をさすのですne。」
リ「『白』繋がりだったんだな。
  (※植物名から来たという別の説もあります)」
レ「漢字違いの付喪神は、
  九十九年以上放置された道具に憑いた精霊(または妖怪)とも言うらしいな。
  (または長い年月を経た道具に宿った魂) 」
詩「実ha、髪が真っ白な摂生も、竪琴に憑いた精霊de……」

レ&リ『えっ!!?』

詩「――な~んte、ウソでsu♪」
レ「お前が言うと妙に冗談に聞こえないからやめてくれっ」
リ「その髪がハクハツでは無くてシラガだと思ってしまっただろう!」
詩「……真に受けられてしまったでsu……。」
(※付喪神ではありません >ω< )



レ「……さて、そろそろ時間がやってまいりました。
  ARCANA RADIO 第28回、今夜は この辺りでお別れです。
  お相手は、レイモンドと」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……で、お送りしました。
  最後までご視聴くださりありがとうございました。
  では、また来週の金曜日、夜8時にお会いしましょう~~」

リ「またな!」
詩「いまは♪ mo~ 動かない~♪ そのto~ke~i~♪
  (原曲の歌詞は99年らしい…?)           」




(~何やら爽やかな音楽~)


【終】

line_3_L.pngline_3_R.png

※漢語林は「『新版 漢語林』 鎌田 正・米山寅太郎 著 (大修館書店)」を使用しています。
ちょっとしたお遊びコーナーです。
あまり深く考えずにサラッと読んでくださいませ~ m(;_ _)m”

関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる