考え方:視点・当たり前という色眼鏡

いつもありがとうございますm(_ _)m"
こんにちは、ふぉるて@携帯です。


記事の間が開いてしまいました、すみません ><;
(体の方は三寒四温で少しずつ良くなって来ていますが、
ネット閲覧出来ない症候群?はまだ継続中です orz)


考え方 の記事を文章にしていたら、
どうしてもなんだか小難しい話になってしまって
こんな読みづらい記事を読んでもらえるのだろうか…と不安になりつつ、
載せないと進まないので
ひとまずアップしてみたいと思います。orz


★★★お願い★★★
ここから初めて読んで下さるかたは、解釈についてややこしい部分が有るので『考え方:根底にあるもの』を読んで頂けると理解し易くなると思います。

また、【考え方】の記事は、あくまでも考え方の1つです。
性質上、絶対に正しいとは言い切る事が不可能なものなので、もし合わないなと感じてしまったら、そっと記事を閉じて下さいませ…
★★★★★★★★★


今回は視点(と、思い込み・捕らわれ)について
書いてみたいと思います。





で…突然『問題1』ですが…。
(いきなり規模のデッカイ話をします。すみません ><;)



例え話として、
世界観(宇宙観)を表現するために
まったく何もない(無限に広い空間のような)ところに



      ○



こんなような
なにかが一つだけあったとします。


皆さんなら、これを言葉で どのように表現するでしょうか?
(30文字以内で答えよ)
↑ペーパーテスト風に言ってみた


『私達が居るところ(環境)』とか
『そこに"ある"なにか(有)』とか
『たった一つのもの(唯一)』とか
『全てを含むもの(全)』とか
『何も無いところから形が現れたもの(現)』とか
『0=1=∞(有と無の関係)』とか
『ビッグバンより前の状態(時系列)』とか

…あくまでも ちょっとした例ですが、それでも何通りかあると思うのですが…。


『え? 丸でしょ?』
…も、まあ、アリですネ。

『何を言ってるの? ディスプレイに映ったフォントじゃん』…も、あるにはあるんですが、この場合は宇宙観の例え話なので除外します (>ω<;)

あ、カメや象や大蛇が大樹が世界を支えているから こんな○は関係ない、
と言うお話も全否定は出来ませんが、話がややこしくなるのでスルーさせてください。



で…ええと…何が言いたいのか、と言いますと…。

『答えは一つだけじゃない』

と 言うことでした。(>ω<)
(一つだけに"正しい答え(正解)"というものを絞れない)


言い方を変えると、
これらの答え方は
『ある"物事"に対して、一つの側面を答えている(見ている)』
とも 言うのかも知れません。

(設問が悪い、などの苦情はお許しを…。
出来るだけ一つの答えに確定し辛い題材を探したら
指し示したい対象があまりにも大き過ぎて文章に出来ませんでした…orz)



で、これからお話していくものは、この感覚(視点)が大事になってくるので……。
(客観的な視野)


さらに言い方を変えると……。
街を歩いていると稀に聞こえる(かもしれない)
『ちょっとマジで有り得ない、信じられない! 最悪なんだけど!』
の、言葉の対岸にあるお話です。

(抱える必要のない摩擦や苦しみを減らすのが目的なので、
良い事・悪い事と言う見方では無いですよ~念の為…)



更に言い方を変えると、『有り得ない』『許せない』ものって実は
自分の親しんでいる『価値観』だったり、『当たり前』だったり『常識』だったりの外側にあるもの…なのですね。(&許せないの場合は執着も含まれている事が多い)



残念ながら
学校では、問題に対する答えが一つだけ
(この答え方は間違いじゃないけど設問者が望んでいる答えではないから×、など)
と言うのが多くて、

この大事な部分はなかなか教えて貰えないのですよね…。
(テストは優劣を付けるのが目的だから仕方ないのかな…。
優劣については『無分別』辺りで時期に書く予定です ><;)


で、この見方(答えは一つではない)が何で大事なのかというと、

答えが一つだけって、
テストで点を取る分には楽でいいのですが
(暗記力がモノを言うので私にはダメだったけれど…orz)


トラブルに出くわした時に、弱い
んですね。



というか、
有り得ないケース(想定外)が出たときほど、トラブル(問題)になる事が多いかも…。(;ω;)

(予め全ての可能性を潰しておきなさいと言う意味では無いです。)



学校では良いけれど、社会では想定外の事の方が多いのは
既に知ってるよ、という人も多いと思いますが…。


それでも、自覚が無いところで意外と『有り得ない』に
思考を奪われて
大事なものが見えなくなってしまう事が多いんですよね。(>ω<;)←よくある

学校で教わった事もそうですが
意外と自覚し辛いのが
地域、先祖、両親から引き継いだルール(価値観)
かも知れません。



それら(実は当たり前じゃない事)を見つけるヒントが
『普通は○○』とか『当たり前じゃん』とか『有り得ない』と言う言葉に現れて来たりするようです。
↑外部から見ると全然普通ではないこともアリ

(ただ、公の場では周囲への配慮として言うこともあると思うので、全てでは無いのですが…
それは性質が違う
&自分の中の範囲でなら判別はつくと思います… ><)



その『有り得ない』でうまく行かない
感覚的な事の例え話ですが、

パズルをやっていたり、プログラムを組んでいたりして
『あれ? おかしいな、絶対これであっているはずなのに!
(なぜうまく行かないの?)』
…と言うときは、自分にとっては『有り得ない』ミスやちょっとした勘違いが原因で、

いざ解決してみると

『なんだ~! こんな事だったのか~(笑)
(なんでこんなに悩んだんだろ…)』
…と 笑うしか無かったことはないでしょうか?(>ω<)←よくある


この、
なーんだ!
が、意外と侮れません。(>ω<;)



もしかしたら
日常の苦しみやつまづきの大半は
(全部とは言えないかもですが)
全体から見たら、それは一つの側面で
『なんだ~! そんな事だったのか!(笑)
(なんで気付かなかったんだろう)』


…なのかも知れませんね(>ω<;)
↑気付かずにドツボにハマりっぱなし



……あ、ここまで書いておいて何ですが
『自分の価値観に合わないものまで全てを
受け入れなければならない(義務)』
と言うお話では無いです。(>ω<;)それは不可能…

そうではなくて、
『それ』には、色々な側面があるので
知らないうちにかけている色眼鏡を外してみませんか? 違う世界が見えますよ~
な、お話でした。
(タロットカードなどでは『幻想』と言う表現を使う事もあります)



時々目にする(かもしれない)
『常識を疑え』という言葉は
反社会的になれ、ではなく、
こんな理由(脱出口を探すヒント)があるのかも知れないなあ…




そうか、行き詰まった時は
有り得ない事にこそ、目を向けてみよう~
(でも当たり前過ぎて気づかないから、いつもと違う方法を試すのもアリ… ><;)


…なんていう、自分(ふぉるて)に対して言った方が良さそうな言葉で今回は終了します~。m(_ _)m"



最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる