雑記:今日で5年…

いつもありがとうございます。m(_ _)m"
こんにちは、ふぉるて@携帯メールです。
(相変わらずネット見れない症候群?です orz
&テレビ番組もあまり見られていない事に気付きました…)



今日で 東日本大震災から5年経つのですね。
黙祷のサイレンと共に 犠牲になられた方々のご冥福と、被災された方々の平穏と笑顔をお祈りしました。



命があるだけで 儲けもんだ と
本気で思ったあの日から、
3月11日は
私にとっては 一年間の生活での心に積もったものを取り払う
禊ぎの日 に なりました。


いやぁ…。
今年も沢山積もってました。(汗)





…で、今回は、あの時に学んだ事を一つ書きたいと思います。


それは、ネットやテレビ、新聞などのメディアの情報との付き合い方 です。
(今回は特に事故や事件に対するネットの集団心理がらみについて)


ただ、人によってそれぞれなので
それが良いとか悪いとか(善悪)には触れません。(>ω<)





もう皆様もご存知の通り、
震災後
福島の原発で放射能漏れの事故が起こりました。


実は、テレビで水蒸気爆発(と報じられた)速報が流れた直後位には、
ネット上では メルトダウンと再臨界の爆発(暴発)が起きた際の
被害範囲や致死率など、マップ付きで情報が流れていたんですね。


その情報を見た限りでは、
私の住んで居るところは東北エリアではありませんが、
それでも影響がある場所でした。

(日本の東半分は (円は何重かありましたが)すっぽりと外側の円の中には入っていました)
↑ああ、(程度が最悪の場合)こりゃあ日本の半分は駄目になるな…というような感じでした



そんななか、
テレビの方では、流すべき情報を選んでいて、全てを話していないのは何となくわかり、
(集団パニックになるのが最悪な状態なので、言えない事があるのもわからなくはないのですが…)
私を含め、周りの人も
テレビの情報では疑心暗鬼になっていました。

そこで、
家族や友人がネットで情報を見つけては、教えてくれました。
(どう思う?と意見を聞かれたり)



信憑性が高そうなもの、
(信憑性はたかいものの)心の準備が出来ていないと過剰に反応して逆に毒になりそうなもの、
デマっぽいもの、混乱している情報や便乗記事など、
短時間のうちに、様々な情報が流れました。


…で、
刻々と変わる情報と、飛び交う文章を読みながら、あることに気がつきました。


それは、
情報には必ず発信側の感情や観点が含まれること(無意識なものも含む)、
感情の種類によって 情報の伝わる速さが(拡散度合いが)違う
と言うことです。




何が一番早いと思ったでしょうか?


それは、
私が見て感じた限りでは…ですが、
恐怖
でした。


人間の"喜怒哀楽"様々な声の中で、悲鳴だけは周波数が違うのだと言う話を聞いたことがあるのですが、

(生き物は、
危険を瞬間的に察知する必要があるため、悲鳴だけは周波数が違うらしいです)

それと似たような事がネット上でも起きていたのですね。



なので、真っ先に飛び込んできたのは
危険を知らせる情報と
それに付随する恐怖心から発せられた情報でした。
(これがいけない、と言うわけではなく >ω<;)

これは瞬くうちに伝播していたように感じます。



そのあと、徐々に
様々な不安、混乱、疑いといった種類が流れました。
(拡散希望とついているものも増えました。)


……で、情報が爆発的に増えると今度は
それが正しいのかの批評、衝突、立場や考え方の違いによる怒りや憎しみ(&便乗する人)などの情報が流れたんですね。
(個人的にはこの段階(動揺が抜けていない状態)での叩き合いは危険に感じました)


中には、放射性ヨウ素の影響から逃れようと
イ○ジン(ヨードチンキうがい薬)を飲もう、なんて情報まで流れていました。
(あ、とても危険ですよ ><;)

元々、日本人は(民族的に)海藻を沢山食べるため、ヨウ素過剰には強い体質だとは言われていますが…
それでも一歩間違えるとかなり危ない情報も飛び交っていました。



そして、(知り得た範囲では ですが)
いったん情報や相手に疑いが始まると、
今度はそれ(自分の考え)に相応しい情報『のみ』を、
かき集めて再びネットにアップし始めていくようでした。
(冷静に見れば異常だと感じることも、次第に麻痺していくらしい)


ここまで来ると、
疑いや不安が強くある人たちは
更に不安を煽る刺激の強い情報をかき集めるスパイラルに入るようです…
(そして更に不安に襲われる)


(当時、何度も『まずは落ち着こう、一緒にちゃんと考えよう』と身近な人には言っていたのを思い出しました… ><;
↑自分にも言い聞かせる為に)



あ、もちろん
まずは自分達の身の安全の確保!
が一番先ですけれども。(>ω<;) まずは逃げるとか

そこから先の情報の話なので…。





……さてさて。


そんなこんなで身をもって
ネットの情報というものの 便利なところ、危ない所を体感したのですが…。

(知りたい事が誰でも早く手に入るのはとても便利ですね。)


あれから 教訓として心に留めて置くようにしているのは

・ネット上には瞬間的に情報が拡散される
 (事実精査が追いつかない、一部が一人歩きや誤解されている時がある)

・負の感情を煽るものほど伝わりやすい
 (一種の防衛反応ですが、流されると冷静な判断が出来なくなる)

・自分が見つめている(疑い、恐怖、不安などの)情報を無意識に選び取って集める危険がある事を自覚する
 (そのうちに感覚が麻痺していく)

・正義感は盲目的になることもある
 (周囲から沢山の賛同を得ると暴走する場合もある)

・そのまま流されるのではなく、自分の頭で一度は考えてから判断する
(危険な現場から逃げるのだけはとにかく逃げるけれど)


…ということを 心掛けるようになりました。
(完全には難しいけど><;)



『正しい情報のみを書く』と言うのは現実的には不可能なので
(ケースバイケースで合う人も居れば合わない人も居る)
受け取る側も、その都度
情報を処理する必要があるなあ……と……。



特に ネットって 実際に顔を突き合わせて話すより
感情が剥き出しになっている事が多いので、

(災害に限らず)
声の大きな(騒ぎ立てる)記事や、感情的に何かに不特定多数の人を煽動するような記事や情報は、
特に拡散しやすい(場合によっては悪用される事もある)から、
まずは自分の頭で考えよう それからでも遅くないな、
と 思うようになりました。


(人は『何を言ったか(内容)』よりも『誰が言ったか(立場)』を重視する傾向があるそうです。)



平たく言うと……
大事な時ほど客観的に、冷静に…。
でしょうか…(>ω<;)これがまた難しいけれど

(あ、感情を殺せという意味ではないですよ。><;
それはそれ、これはこれ…)




これからも
天災が起きないことを祈るばかりですが、

(日本だけに限らず)
政情や治安などが不安定になり
うっかり戦争などに走りそうな(流されそうな)危うさもありそうな昨今、
ネットを通じて向かい合う集団心理と言うものに、
(私も含め)一人一人が
ちゃんと向かい会えるようになったらいいな と 思っています。
(なかなか難しいけれど…)


(あ、『人を疑え』と言う意味ではないですよ~ >ω<;
安易に流されないようにしようと言う意味です)




皆が 笑顔で穏やか過ごせますように…。(―人―)
関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる