考え方:愚かであれ(ありのままと愚者と馬鹿梵)

ありの~ままの~姿見せるのよ~♪
(↑いきなりどうした)

いつもありがとうございますm(_ _)m" ふぉるて@携帯です
相変わらずネットとテレビが…(省略)
↑少しだけ、何故なのかがわかってきたかも…(不器用)



精神の乱高下が激しくて
予定よりかなり更新が遅くなってしまいました…すみません。
(;>ω<)春はなりやすい…


あ…水面下では、少しずつ本編に必要なパズルのピースが集まってきています。
(足りていなかったらしい…orz)



それで…
【考え方】の文章を考えながら どれを先に書こうか悩んでいたのですが…


先にこっちかな~ と言うことで、
ありのまま
について書いてみたいと思います。


★★★お願い★★★
ここから初めて読んで下さるかたは、解釈についてややこしい部分があるので
『考え方:カバラの根底にあるもの』を読んでいただけると理解し易くなると思います。

また、【考え方】の記事は、あくまでも考え方の1つです。
性質上、絶対に正しいとは言い切ることが不可能なものなので、もし会わないなと感じてしまったら、そっと記事を閉じて下さいませ…
★★★★★★★★★




突然ですが、
人生の悩みや苦しみについて
何故そんなことが起こるのかと考えた事はあるでしょうか?



カバラ系タロット(←※流派があるので、一部の、かも知れませんが)では、
こんな考え方があります。

全ての物事は均衡(バランス)で成り立っていて
人生の悩みや苦しみはそのバランスを崩した時(に、道を修正するためのお知らせとして表れる)
…と。

(なので、カバラタロットでは『吉凶』ではなく、『バランスが崩れている』を表す為に逆位置がでます)



んで、そのバランスって言うは何なのさ?と言うと、
主に(質問者にとって)何を指すかと言えば、
本来の自分(自分の道)を生きられているか
なのですね…。


ありの~ままの~♪


…はい、今回は いきなり答えに近い所から言ってしまいました。(>ω<;) 身も蓋もない
(詳しく書くと今回の書きたいテーマから逸れるので、ここの詳細はまたいつか)


ええと、つまり
苦しみ(満たされない も含む)とは……。

ありのまま で 居られないとき
(自分らしく居られないとき、自分の望む生き方と逆のとき)
人は つらい、苦しいと感じる…らしいです。
(自分を殺しながら生きる→自殺と変わり無いですし)

そして本来の自分を殺しながら(自分に嘘をつきながら)生き続けると、
(全てではないですが)
結果的に望まない事やトラブルを招く…ようです。

(トラブル自体は道を修正する為の危険信号のようなものなので、
一見辛くても、(それに捕らわれ続けない限り)全てが悪という訳ではありませぬ。)


ただ、全て自分の道でいけるかと言うと、
自分1人で世の中が回っているわけではないので、なかなか現実的には完全に通すのは難しいですが…
(>ω<;)
(我を通すとは、また違う意味です)



で、本来の道を逸れる→
何かが過剰(行き過ぎ)や、不足(消極的過ぎる)と
色々な摩擦が酷くなって行くそうです。

頑張り過ぎ、怠け過ぎ…
人に依存し過ぎや頑固過ぎ…
我慢のし過ぎ、押し付け過ぎ…
などなど。


それ(バランスの崩れ)に
気が着いたら、いつからでも修正する事は出来るらしいのですけれども…。(>ω<;)





んで…今回の記事では、何を書きたいかと言いますと…。

多くの人が(たぶん)
ありのまま、を望みながらも
どうしてそれが実現出来ない事が多いのか?
という辺りでございます(>ω<)


かくいう ふぉるても ずーっと何年間も(10年近く?)
『ありのまま』を望みながら それが出来ませんでした。
(今も出来ていませんが…。)

で、ふと思ったのですが、
ありのままの自分を出そうとして出来ない時に
(してみようとした方は)、こう思ったことはないでしょうか?


『それが出来れば苦労しないわ』
と。

ふぉるても
これが一番の呪いの言葉でした。(>ω<;)

自分自身が一番、
自分らしく生きる事を禁止していた事に
やっと気がつき始めたのでございます~。orz



……と、言うことで、実は、
ふぉるてが今まで一番やりたがらなかったこと
(出来れば避けたいと思っていたこと)
『自分の考え方や意見を言葉にして話す』と言うことを
某舞台から飛び降りる気持ちで 実行しています。
(>ω<;) うぁぁ、おっかねぃ~
↑やって見なければ分からないので




さてさて、話を戻します。


じゃあ何でわざわざ自分を殺そうとするのか?
…と言うことなのですが……。


ここで、無意識に社会から刷り込まれた『常識』や『価値観』の話が出てきます。

世の中(周り)を眺めてみると、
『シアワセ』になるために

立派になりましょう、
出世しましょう、
みんなよりお金持ちになりましょう、
有名になりましょう、
人の上に立てるようになりましょう(手段は問わず)、
人の模範になるような良い人になりましょう(表面的に)
人に好かれましょう(表面的に)
勝ち組に入りましょう

…などなどキリが無いですが、そんな感じの事が世間では『良し』とされていて
その考えと逆を行く人は 変わり者、愚か者…と呼ばれてしまったりするのですね。
(あ、意固地になって、「そんなものは要らない!」 と言うのとは違います。
気にも止めていない、の方です。>ω<)

(余談ですが、日本人は『みんなそうしてるよ』と言う言葉に弱いそうです。←詐欺師が付け入りやすい弱みらしい)



これがまだ全体の平均点辺りならそこまで苦しくはないのかも知れませんが、
そうではなく『理想点』(そもそも無理な値)だったり
完璧主義が入るとさらに苦しいレベルになっていたりして、
でも、みんな頑張っているので、自分もそこからはみ出さないように…頑張ってしまうようです。



…あ、上記の事を目指したり頑張っちゃいけないとか、故意にルールを破れと言う意味では無いです。(>ω<;)念のため

他者が作り出した価値観やルールに縛られ過ぎる必要はない…と言う意味です。
(形が無く移り変わる様なものに振り回されなくても良い)



で、書きながら気が付きましたが…
上に書いたシアワセの例は、(それ自体が目的の場合)全部、
『他人に見せるのが前提』のものですね。
(シアワセって、人に見せつける為のものなのかなぁ…?とも考えてしまった)




…えと、話を戻しましょう。(>ω<;)



そうなんです(どうなんです?)、今回のテーマは
愚か者


タイトルにある「愚かであれ」は
元某CEO 故スティーブ・ジョブズさんの言葉として有名(らしい)ですね。

で、彼の生き様全てが好きかと言われると、そうでもないのですが(←ぇ)、
この「愚かであれ」は、ジョブズさんが影響を受けていた禅の思想から来ている…らしいです。
(私自身は禅についてはまだかじった程度の初心者です><;)


あ、知性を否定しようとか、
反社会的に
馬鹿騒ぎしましょう、と言うわけではないですよ(>ω<;)



で、タロットカードでは、
愚者のカードが
ありのまま、本音、一匹狼などを表しているのですが……。
(無計画などの意味もありますが)


この『愚か者』として描かれている彼は、実は世の中を熟知した賢者の姿だったりします。
(ちゃんとした?カードだと、叡智の象徴を持って描かれています)

世の中の幻想(浮き世の常識や価値観、噂話など)に惑わされず捕らわれず、我が道を行く、そんなカードです。
(逆位置になると、狂気などの意味になりますが)



そして、
これもタイトルの中の…
「馬鹿梵」…バカボン? あのパパかな? と 思った方もいらっしゃるとは思うのですが…

はい、そうです。(・ω・)一部

これは、数年前から
仲良くさせて頂いている某女社長さんの所に泊まり込みに行ったときに(数年前に)
酒を酌み交わしながら一晩中語り合った時に 聞かせて頂いたお話ですが…
(お忙しい方なので…お元気だろうか…)

その方は 空○密教(だったかな?)の修行をして あじゃりの資格も持っているのですが
孔雀王なんたら法典?(すみません、正確な名前忘れました >ω<;)に出てくるのだそうで、
人の望ましい状態(姿) だと言うことでした。(確か)

↑すみません、かなりウロオボエ…orz
(またいつか聞けるといいな)


うん、話をきくと、
馬鹿梵→本当にバカボンやパパでした。
(屈託が無く明るく、素直で ありのまま)

そう言えば……バカボンのパパって、事故に遭う前は凄く頭のいいひとだったんですよね…。(>ω<)確か




あと、時々このブログには出てくるのですが、
『無為自然』と言う言葉を説いた中国の思想も、実は当時
『愚か者の哲学』と言われていたらしいです。


で、カバラも禁忌とされていた時代があったそうです。
(弾圧を受けていた)



国や時代は違えど、共通の(似たような)事を説いているこれらのものが
どんな存在から見て、『愚かなもの』と言われていたのか…。

そんな事を考えていると、

なんだか最近、世の中って逆さまに出来ているんじゃないかと
感じるようになってきました(>ω<;)

(わざわざ苦しみに向かっている??)




それで、『ありのまま』で生きるには…。

言い換えると…

実は、
・他人から笑われる事(笑うなら笑え)、
・他人から嫌われること(どんなに好かれようとしても嫌われることはある)
・他人と比べること(ひとつの定規で比べても意味がない)

…を恐れず気にせず(受け流し)

それでも自分を信じて、慌てず騒がず、自分なりに一本筋を通して
胸を張り楽しくやっていくこと
……みたいです。(>ω<)


ただ、これ、人に見せ付けるのが前提だと出来ません…。(>ω<;)


(でも、それが誰かを傷つける目的でなければ、理解してくれる人はいつか表れる)



大変な人には、かなり大変に見えるかも知れませんが
一度乗り越えて軌道にさえ乗ってしまえば、楽しいらしいです…。(>ω<)
↑まだ出来ていない



んで、『それが出来れば苦労しないわ』のループに戻って来るわけですが…。


もしかしたら、それを『出来ない』と思って居ること自体が
自分が作り出した幻想の足枷…なのかも知れませんね。
(>ω<;)



…で、実はこれ、
会社から独立してフリーランスをしたり、個人経営をする人には
(仕事やお金や周りに潰されずに食べていく為に)
なかなか必須な事だったりもします。(>ω<;)
↑自己肯定の度合いが収入に直結するらしい



あ、もちろん、それ以外の方々にも役にたちます。




で、アインシュタインの名言の中に、こんな言葉があります。
『挫折を経験したことが無い者は、何も新しい事に挑戦したことが無いと言うことだ。』


あるがまま…の、
『それができれば苦労しない』、の幻想を打ち砕くには
『初めから全てがうまく行かなくても当たり前だから、とりあえずやってみよう』
なのかも知れませんね。

例え、周りに『それみたことか』と笑われても
実際にやりもしない人間に、挑戦してみたその人を笑う権利は無いわけで…。
(&失敗したとしても経験として実力に蓄積されていく)



少しだけでもいいから
やるだけやってみて、
うまくいっても いかなくても…

これでいいのだ。(・ω・)ノ"
(たとえ小さくても確実に変化は起こる…らしい)



もし、いま、辛くても苦しくても…

きっと、大丈夫だぁ。
うん。







うう、相変わらず読みにくい文章になってしまいました。
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。 m(_ _)m"
関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる