【番外編】ARCANA RADIO vol.38

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~ そんなこともあるんだな。(牛王神符の思い出) ~ (約5,100文字)
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg



※ 今回のお話は、ちょっとばかり不思議な話や、
   人によっては少し怖いと感じてしまうかもしれない内容が含まれます。
   (幽霊は出ません。 >ω< )
   この手の話が苦手な方は、そっとページを閉じてくださいませ… m(_ _)m”


レ「金曜日の夜8時になりました、皆さんこんばんは。
  レイモンドです」
リ「リーザだ。よろしく」
詩「詩人でsu」

レ「さてさて今夜も始まりました、ARCANA RADIO 38回目、
  次元のハザマの某ローカルなキーステーションから
  謎の周波数、収録放送(予約投稿)にてお送りしております。
  今夜もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。」


リ「で、今日のお題は何なんだ?」
レ「ああ……今回は、プロデューサーが、6月初めくらいから
  『本格的に暑くなる前に大掃除をしよう!』って頑張ってたみたいなんだけど
  (まさか先にこんなに暑くなるとは思わなかった orz)
  その時に出てきたものがあったらしくて……」
リ「大掃除か……。それは大変だな……。
  それで、どんなのが出てきたんだ?」
レ「これらしいんだが……。(ファイルを取り出す)」

160624-05.jpg


詩「これはなんですka?」
レ「プロデューサーの国に、熊野大社って神社があるらしいんだけど……
  そこでいただいたものらしい」
リ「ジンジャ?」
レ「神様を祀っているところらしいな。
  ……それで、そこへ旅行に行ったときのエピソードが
  ちょっとインパクトがあったらしくて、
  『こんなこともあるもんなんだな~』という話をすることになったんだ。」
詩「インパクトですka」


リ「しかし、神様を祀っているところに行ったということは、
  何か宗教にでも入っているのか?」
レ「いや、プロデューサーはヤオヨロズ派らしいから、なんでも祈るらしいぞ……
  ……っていうと、少し語弊があるけど、
  小さい頃からばあちゃんに連れられて良く『なむなむ』してたらしいから
  神社仏閣で手を合わせるのは この国の風習だと思ってるらしい。
  ……古いものが好きだから良く足を運んでるってこともあるらしいが……。」
詩「なるほdo」
リ「ふーむ、それはわかったんだが、なぜクマノタイシャなんだ?」
レ「ええと……。
  プロデューサーの地域で祀られている『氏神様』って言うのが、
  熊野さんだったもんで、ずっとどんなところか気になっていて
  昔から一度行ってみたいと思ってたらしいんだ」
リ「なるほど、地元で祀られている神様か」
レ「ちょっと変わった地域なのか、もう一柱祀られているらしいんだけどな。
  (なので、年2回お祭りがあったり…… >ω< )
  ええと……八坂神社(祇園さん)って言ったか……。
  大元は、だけど。」
リ「うん? ヤサカさんには今年の春に行ってなかったか?」
レ「ああ、念願叶って、
  丁度桜が満開のころに八坂神社と周辺にバス旅行で行って来たらしいな。
  (メインは夜の平等院鳳凰堂でした >ω<  建物と桜のらいとあっぷ~)
  ……まあ、そっちまで話を入れてしまうと長すぎるから
  とりあえず熊野さんの話だが……」
詩「フォルダの中に袋が沢山入ってますne。
  (翻訳機をかざす)……ゴオウシンプ??」

160624-03.jpg


レ「ああ。”おからすさん”とも言うらしいんだけど……。
  ヤタガラスって言う3本足の烏の形(烏文字)で描かれた御神符で……
  って、ヤタガラスの神話まで話すと1回のオンエアだけじゃ終わらないなぁ…(汗)」
(依代やお守りの類は写真に撮らないことにしているので
 袋だけですみません >ω<;; )

リ「ううむ……なんだか話が長くなりそうだな……。
  ……詳しい話は またいつかにするか?(いつだ⁇ ><;) 」
レ「そうだな。今回はサラッと流そうか。
  この袋が3つあるように、牛王神符は3か所で貰えるんだ。」
リ「3か所行ったんだな」
レ「ああ。熊野三山…って言うみたいだけどな。
  泊りがけで行ったんだが……。
  今回のお題は、そこに行った時の話なんだ。」
詩「前置きが長かったですne。」
レ「なんたって、あちこち話が繋がってるからなぁ……。
  不思議な体験をした話は今回だけじゃないらしいんだが……
  あんまり公の場で話すのも何だしな……。」
詩「色々と難しいのですne」



リ「で、その不思議な体験って何なんだ?」
レ「ああ、実は、ここに行くことに決めた時、
  J●Bって旅行会社さんに相談してチケットを手配してもらったりしてたらしいんだ」
詩「旅行会社さんですka」
レ「それで……。泊りがけ、新幹線、レンタカーその他諸々で、
  結構いい値段になったらしいんだけど……。」
リ「ふむふむ?」
レ「……それがな、その前に何となく買っていたナンバーズ3が当たって、
  ほぼぴったりの金額が当たったらしいんだ。」
  (ボックスストレートで賭けていたので、ストレートの半額でしたが ><; )
リ「なんだって⁇」
詩「ほぼピッタリ、ですka??」
レ「旅費+食事や雑費代くらいかな?
  しかも、『いま抽選で1000円キャッシュバックのキャンペーンをやってるんですけど、
  応募しておきますか?』ってお店の人に言われて、
  その時に一緒に行くことになっていた友達と自分の2人分、
  せっかくだからと お願いしたらな……」
リ「……当選したのか??」
レ「ああ。しかも2人そろってな。」
詩「二人そろってって言うのはまた珍しいですne」
レ「お店の担当の人もこんな事もあるんですね~! と、驚いてたらしいぞ。
  おかげで、ちょっと山奥に行く予定があったもんで、
  レンタカーのスタッドレスタイヤってやつの分の予算オーバーしていたのが
  まなかえたらしいんだ。」
詩「それはまた珍しいこともあるものですne……。」
レ「しかも、かっぱえびせんってお菓子の袋の中に『入ってたらラッキー』って言う
  おまけの梅の形のが入ってるらしいんだけど、それが2袋連続で入っていて……。
  (お菓子は当日の話です。電車の中で食べました >ω< )
  ……それで、『これって、呼ばれてるのかなあ?』なんて、
  はしゃいでたらしいんだけど……。」
リ「ふむふむ……。それは確かにテンションが上がるな(笑)」
レ「その、宝くじが当たったのが、確か3月8日の事だったんだが……。」
  (↑当時の日記) 

詩「そういえba、これっていつに行ったんですka?
  (翻訳機をかざす)……平成23年……⁇ よくわかりませんne。」

160624-04.jpg


レ「この旅行が決行されたのは、2011年3月20日~22日だったそうだ。」
リ「まてよ……? 2011年の3月って……。」
レ「ああ。東日本大震災の直後だったんだ。
  しかも、計画停電の最中で、新幹線とかのダイヤってやつも乱れまくっていて……。」
詩「行かれるかどうかも分からなかったのですne。」
レ「確か、間引き運転もされていて、
  乗る予定のが1本でも遅れたりして予定が狂ったら行かれない行程だったから、
  直前までどうなるか分からなかったらしいな。
  ……しかも、2日目に取っておいた宿が、島の宿で海がすぐそこでな……。」
リ「……あの大津波のパニックの直後にか……?」

160624-01.jpg

(いいお湯でした。 >ω<  またのんびり行きたい…)

レ「道中、何事も無かった今だからこそ笑い話なんだが……。
  温泉からすぐそこが海だったらしいんだ。
  プロデューサーのところでも、緊急地震速報が間に合わないくらいの地震に揺られた後に、
  頻繁に(ウェザーニューズから)携帯に届く津波警報やら津波注意報で……。」
詩「……よく行くと決めましたne……。」
レ「まあ、昔から不思議ちゃんだったから、家族も何とか理解してくれていたみたいなんだ。
  他にも不思議なことが重なって納得してくれたんだけど詳しく話すと……ん⁇」
  (あんまりこういう話を書くと嫌な方もいらっしゃると思うので、割愛します)


リ「……。それで、行けたのか?」
レ「…………。」
詩「ごくri……。」

レ「それがまあ、何事もなかったようにすんなりと(笑)」
リ「なに⁇」
詩「すんなりと行けたのですka?」
レ「プロデューサーが乗る予定だった新幹線は無事に動いてくれて、
  フジカワ(富士川)の向こうから先は発電の管轄が違うから平常通りだったらしいんだ。」
リ「フジカワを超えればあとは大丈夫だったんだな。」
レ「まあ、そういうことだな。」
詩「な~んda~。どきどきしたですyo~~~」

レ「ただ、熊野大社に行って、初めて分かったのは、
  この神社の御霊分け(分社)の数が一番多かったのは福島県で……。(真顔)」
リ「そうだったのか…」
レ「その次に多いのが、千葉、静岡県だったらしいんだ。」
詩「それって一緒(同時期)に揺れたところですよne……?」
レ「それが書いてあった看板(?)を見て、
  もしかして何とか守ってくれてるのかな⁇ なんて話をしていたみたいだな」
リ「なるほど……確かにインパクトのある旅だったんだな。」



レ「――な~んていう、いろいろと重なった旅だったのですが、
  道中、移動するときは雨が上がってくれたり、
  玉置神社(奥宮)では不思議な眩暈に首をかしげながらも
  順調に回って無事に帰ってこれたのですが――」

160624-02.jpg


詩「にわかには信じがたい話ですne。」
レ「ああ、このテの話はうそつき呼ばわりされて攻撃されることも多いから、
  話したがらないらしいんだ。(嫌な思いばかりするので ><; )
  ”○○女子”とか流行りとかに纏められるのも嫌がる人間だし……。
  ただ、いまこのタイミングで、ひょっこり このフォルダが出てきたのも、
  何となく首をかしげてるみたいで、おんえあすることにしたらしい……。」
リ「どうして首をかしげているんだ?」
レ「プロデューサー、今年の春に八坂神社へ行った、って始めの方で言っただろ?」
リ「ああ。」
レ「あそこの神社の御祭神も、”スサノオノミコト”って神様だったらしいんだ。」
詩「(翻訳機をかざす) ……そういえba、このフォルダにも書いてありますne。」
レ「ああ。
  それで……このタイミングで出てきたのも何か理由があるのかな? ということで
  (なにも理由がないかも >ω<; )
  ……最後に このフォルダに書かれている文字を読んでみたいと思います。」

  ――フォルダより引用――
  平成二十三年 ””(人の心構え・本質)
  卯の年は全国の皆様が、それぞれの役目で立つ位置を確認され、
  根の心を持って歩んで自分自身のをしっかり開かれて、
  飛躍されますことを祈り、
  原点に立ち返る意味を含めて、
  揮毫いたしました。

  ”根”は、当社の主祭神 素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御心でもあります。
  ――熊野本宮大社フォルダより引用 ここまで――




レ「……ということで、今回は掃除中にひょこりでてきたフォルダの話でした。

  これからは社会的にも流動的になって、不安定になってきそうなので
  知らないうちに周りに流されてしまわないように、
  しっかりと自分の本質を見つめて心の底からの気持ちを確認することも
  大切になってくるのかもしれませんね。」

リ「しかし……ほかにも不思議な体験をしているのか?」
レ「ああ、実は去年の夏が終わったあたりから
  現在進行形でまた不思議なことがあるらしいんだが……。
  さすがにこれ以上は傍から聞いたらファンタジーすぎるから、
  公の場では言う勇気は無いみたいだなぁ。
  ……今回の話でも十分ファンタジーの部類だろうしな……。」
詩「そうなのですka。なんだかんだで楽しそうなんですけどne。」
レ「訳が分からなくて大変みたいだけどな……(笑)」
リ「あとになってから話が繋がって、何度かお茶を吹きそうになったとか言っていたな」
レ「面白いんだか、大変なんだか、な……。全体的には有り難いみたいだけど……。」



レ「……さてさて、そろそろ時間の様です。

  ARCANA RADIO 第38回、
  今夜は この辺りでお別れです。
  お相手は、レイモンドと」
リ「リーザ」
詩「詩人でsu」
レ「……で、お送りしました。
  最後までご視聴くださりありがとうございました。
  しばらくの間は隔週でやって行きたいと思います。
  今回は、今年の八坂神社の桜と高台寺の枝垂桜のおすそ分けをしながら
  お別れをしたいと思います。…って、曇り空の写真だな(笑)

  では、また再来週の金曜日、夜8時にお会いしましょう~~」

リ「またな」
詩「またでsu~~~」

(~何やら爽やかな音楽~)

160624-11.jpg
160624-12.jpg
某日・八坂神社&円山公園にて

160624-13.jpg
同じ日の高台寺

(そういえばこの時も徒歩の移動中は雨が上がってくれた…。 (´ω`)>” )

【終】

line_3_L.pngline_3_R.png

ちょっとしたお遊びコーナーです。
あまり深く考えずにサラッと読んでくださいませ~ m(;_ _)m”

関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる