雑記:終戦記念日に思う事(正義の敵は……)

いつもありがとうございます。m(_ _)m”
こんばんは、ふぉるてです・

今日は終戦記念日ですね。
お昼のサイレンと共に、平和への祈りの黙とうをしました。


さてさて……。

あんまり暗い話ばかり書くのも好きじゃないので、
いつもならスルーしたいところなのですが、
このブログのテーマが、生きる事、自分らしくある事、
あと、「力」というものもテーマのうちに入っているので
スルー出来ないなぁ……ということで、
ふぉるて一個人の意見を書いてみようかと思います。(>ω<;)


ここのところ、海外のテロのニュースや、国内でも某障害者施設の襲撃など、
なにしてんねん! と言う様な事件が多い気がするんですけれども……。
(近年の社会的常識…を見つめていると、
 残念ながらこういう事件は増えていくだろうと感じています。)


……で、これらの共通点は「行き過ぎた正義感」だな、と感じています。
そして、最大の責任転嫁だなあ、とも感じています。
とはいえ、当の本人たちに自覚は無いんでしょうけれども……。
(一番見たくない己の弱さから目を逸らすために他人の命も奪えると言う典型かと…)

根っこは価値観ひとつ。
それだけで殺人まで起こる……。


それで……。
これって、(ここまで大事の事件は)一見すごく他人事なんですが、
小さいこととなると身近に沢山転がっているよな…と感じています。


前にもどれかの記事で書いたのですが、
正義って実は、主観なんですよね。(悪も主観です)

客観的な物ではないので、感情や立場によって簡単に入れ替わります。
絶対値が逆なだけ。

で、正義がそこに存在するためには(自分の正当性を訴えるには)、
悪が居なくちゃ成立しません。(比較対象が必要)
場合によっては自分と逆の立場や考えの人を悪としてでっち上げます。
↑無意識にこれが起こることも有るので厄介


小さい所…というか、身近なところで言うと、
他人の悪口を言うのも、非難するのも、同じ原理です。
(他人への悪口は、遠まわしに、悪口を言っているその人本人の自慢話です。
  よーーく話を聞いたり、読むと…ああ…と思いますが……。)

自分はあいつとは違うんだ、(だから認めてくれ・凄いだろう)という事を
「正義」と言うものを使って全力でアピールして居る訳ですね。
(他者を貶めることで、賛同する人を集めるのが目的)

ニュースで報道されるような犯罪を起こした人たちも、
はじめのうちはそんな小さなことから始まったんじゃないかと思います。



そもそも、自分の立場や正当性なんて、自分が満たされて居れば
(自分が認めてやりさえすれば)
周りに必死にアピールする必要なんてないはずなのですが……。
(一番自分を認めていないのは自分だということ……。)

そこの一番大事な定義の部分を、他人の定規で測ってしまっているから、
(他人にゆだねてしまっているから、)
苦しくてたまらない。たまらない……。
でも原因がわからないので外側に刃を向ける……。
人を憎めば憎むほど深みに嵌る……スパイラルなのですが。

で…それに気づかず……それが行き過ぎると確信犯になるんだなあ……と、
ここ最近の事件を見ながら感じています。

(この確信犯と言う単語、誤用の方が圧倒的に多いらしいので
  (逆の意味に取られてしまうので)
 普段は避けていたんですけども……
 他にしっくりくる言葉が浮かばない~~ >ω<;; )

かくしん‐はん【確信犯】

1 道徳的、宗教的または政治的信念に基づき、本人が悪いことでないと確信してなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。
2 《1から転じて》悪いことだとわかっていながら行われた犯罪や行為。また、その行為を行った人。「違法コピーを行っている大多数の利用者が確信犯だといえる」

[補説]「時間を聞きちがえて遅れたと言っているが、あれは確信犯だよね」などのように、犯罪ほど重大な行為でない場合にも用いる。2の意はもともと誤用とされていたが、文化庁が発表した平成14年度「国語に関する世論調査」では、1の意で用いると回答した人は16.4パーセント、2の意で用いると回答した人は57.6パーセントという結果が出た。

デジタル大辞泉より 引用
https://kotobank.jp/word/%E7%A2%BA%E4%BF%A1%E7%8A%AF-43672#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8



その、正義と言う名の怒りの矛先って、ダミーでしかないのですけども……。




それで、話は戻って、正義と悪の話ですが……。

人間は、一番残酷な事が出来るのは、
実は「自分は正しい」と信じ込んでいる時なのだそうです。

(逆に、悪い事をしているのではないかと疑いがある時は、
 踏みとどまって行動に移せないのだそう……。)
 ↑私は悪ですよ、と言いながら行動に起こす人は、
  自分は悪いとは思っていないという事ですね。 Σ >ω< !!


ある集団心理のドキュメンタリーを見ていて、
『繰り返される歴史の中で、大量殺人を起こすたびに言えることは、
 それを実行するのは独裁者では無く、沢山の【善良な】市民だ。』

と言う言葉がいまだに頭の中に残っています。


……ということは、ですよ?

裏を返せば、争いを起こしたい権力者は、
必ずと言っていいほど「正義感」「正当性」を表に出して来て、
「悪の手先」と「勇敢なる英雄」を作りたがるんじゃないでしょうか。



戦争には必ず「大義名分」があります。(無かったとしても作られます)

戦争を起こしたい指導者は、
行動を移す方の【善良な市民】の、自己肯定感(ある種、恍惚感に似た感情)を
正義と言う単語と共に巧みに引き出しながら
自分が作り出した【敵】に向かってぶつけようとするわけですよね。
(んで、自分は動かないで逃げ場を探しておく←責任転嫁)


あとは感情同士がもつれ合って、泥沼試合、野となれ山となれ……
子々孫々までドロドロ。


なんで(指導者は)そんなことをするのか? と言えば、
一番は「お金になるから」なんでしょうね。
んで、あわよくば、歴史に自分の名前も残る。(勝てば英雄扱い)

もしくは、自分の中の劣等感に勝てないでいる。
一般市民なら構わないけれど、国のトップともなると迷惑な話です。

個人的に、戦争は、二つの「正義」と、
それを煽る(力を与える)「商人」から出来ているんだろうな
と思っています。


ちょっと厳しい言い方になってしまうけれど……。
そんな一部の指導者たちのエゴに乗せられて、
戦争に向かって行ってしまっては、一番損をするのはわたし達です。

「誰がこんな世の中にした」…では無く、
自分たちが選んだこと(NOと言わなかった事)の結果です。

簡単に口車に乗せられちゃ~~いけないっすよ。 >ω<;


でも……。

残念ながら、どんなに平和を願っても、戦争は繰り返し起こるでしょう。
人間は必ず死ぬからです。
(バブルも60年単位で起こるのだそうです。
 痛い思いをした年代が居なくなったころに……)


それでも、戦争がある状態を当たり前にしてはいけない。
(当たり前と言う感覚ほど恐ろしいものはない)

血を流さずに、避けることが出来る戦いも有るはず。

結果的に一番被害を受けるのは、立場の弱いもの、貧乏人、一般人、
女・子供、です。



戦争と言うものを経験しなくなった日本の恩恵の元で暮らして、
この国も71年目、
ある意味、既に日本でも戦争は始まっている気がします。

準備は着々と進んでいます。

あとは、じわじわと国民の感覚がマヒして、
『この戦争は仕方が無かったんだ(正当化)』という感覚になるのを待つだけしょう。

本当にそうなの?
それって、仕方ない事なの??
周囲の口車(社会常識)に乗せられてない??

(「しょうがない」が増えてきたら危険です。)



最初に話を戻します。 >ω<;

正義を証明するには悪が必要です。

自分を認めてもらうために正当化された正義(確信犯)は、
自分と言う存在の価値を認められない(他人の価値観に振り回された)
己の弱さが引き起こした結果です。
言い換えるとエゴ(幻想)に惑わされた結果です。

他人に責任転嫁をして、力を誇示して、俺は強いんだ!
(けど本当は弱いんだ!)と
叫んでいる様なものです。

本当の自分の心の叫びを見つめずに、
(認めてほしいという事自体は誰にでもあるとても強い欲求で、
  これ自体は悪い事では無い)
周りの意見に乗っかって、他人を貶めることが勇気では無いです。

自分が安全な方に乗っかってデカイことを言うのが勇気じゃない。
周囲の空気に流されれば誰でも言える事です……。

(どこぞに出兵する前に原発を攻撃されて ジ・エンドだろう…。
 自爆装置があるのに正気なんだろうか??)


勇気の本当の意味を思い出して欲しいと、切に願います。


本当に強い犬は、吠えないものですよね。
(面白いことに、これって本当にそうなんです。
 子供のころにそんな犬を見ました。>ω<;)

わざわざ吠えなくても その態度を他が認めて、慕ってくれます。
(その柴犬は、放し飼いだったけど、
  近所の人や子供に大人気だった……)


もう一つ……。

小学生の喧嘩ではないけれど、
喧嘩っ早い友達の助太刀をしたら、しっぺ返しはこっちに来ます。

そう言う人は責任転嫁がうまいはず。
(どこの国とは言いませんが、沢山あるかと……)
末端の人達は義理堅い人も多いとは思いますが…トップはそうじゃないし…。
相手にとっては、敵は敵でしかないです。
言い訳しても加担した責任は発生します。

……ただ、
こちらが争いを避けているのに、相手がそれでも喧嘩を売ってきたら、
(手を出して来たら)ただやられてやるわけには行かないから、
全力で相手の鼻っ面をくじく(噛みつき返す)覚悟は必要だけれど……。

喧嘩は買った方が大損です。
売り手に在庫を抱えさせたまま位でちょうどいい。
(軍事費・維持費がかかる)




話が逸れまくってしまいましたが、
そんなこんなで、まとめると…。 >ω<;

小さなことで、私たちが出来る事……。

楽しい・良いと思った事なら、堂々と自慢すればいい。
(本当に自分の事を思ってくれている人は、喜んでくれる)
良く思わない人には叩かれますけども。
まあそんな人は以下略……大丈夫です。 >ω<;


嫌な事なら、堂々とNOと言えばいい。
(自分の心にウソをつけばつくほど、
 満たされなくなって他人を攻撃することになる)

(これがなかなか出来ないことが多いのもわかるけれども、
 だからといって他人に責任転嫁してもしょうがない…… ><;)


周りが何と言おうと、それ(エゴ)に合わせてやる必要はない。

少しずつでいい。練習して行けばいい。


今までは長いものに巻かれていても大丈夫だったことが、
そろそろごまかしがきかなくなってきている様な気がします。

自分で決めずに他人のせいばかりにしていると、
一番望まない現実が来ます。(体験的に確実に……)

逃げられないっす、そろそろ。
自分の意志がどこを向いているのか腹をくくらないと。 ><;;


だから……。
例えこれがビッグデータの一部に収拾されるとしても……。


私は戦争は嫌いです。平和がいいです。
戦争の無い美しい日本が好きです。

人殺しなんて物語の中だけで十分だ。
大切な人たちをそんなくだらないエゴの為に失いたくない。

腰抜けだと言われてもいい。
怒りと涙を飲んで誹りを受け入れた先人の苦労を無駄にしないでほしい。
いまここで劣等感に飲み込まれてしまっては全部水の泡になってしまう。

武器なんかいらない、笑顔が欲しい。
(自衛隊を否定して居る訳では無いです。それは自己防衛)

わざわざ戦争に向けた制限を解除しないでほしい。
一度そうなったら、流れは止められない。
「力」は暴走すればただの自爆装置でしかない。心がなくなれば止められない。

戦争は非常時だ。生き残るために心なんて簡単に無くなる。
最終的に、あれほど大事だと思って命を賭けた「正義」すら、どうでも良くなるよ。


正義は絶対的な視点じゃない。
どうか踊らされないで。
その何よりも大切な自分の命と人生を、一部の人間なんかにくれてやらないで。


平和がいい。

関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる