【番外編】ARCANA RADIO 番外編

logo_002.png
ARCANA RADIO
line_3_L.pngline_3_R.png

~ 収録前 ~ (約1,600文字)
出演者:c_raymond_01.jpg c_riza_01.jpg c_tohda_01.jpg




「………。」
まだ夏の暑さが完全には抜けきらない昼下がり。
曇り空の合間に時々見える青空を眺めながらレイモンドはポツリと佇んでいた。
9月ももう終わると言うのに、秋の空と例えるにはまだ程遠い。

「なんだ、こんな所に居たのか。」
両手を広げ肺一杯に空気を吸い込んでいると、
まだ青い草を踏み鳴らし、後方から誰かが声を掛けた。

ゆっくり振り返ると、腰に手を当て赤く長い髪を風に靡かせた大柄の女性が立っていた。
「リーザか……」
ぽつりと呟き、レイモンドは再び空を見上げる。
「どうしたんだ? 今日はやけに元気が無いな。」
横に並ぶように歩を進めながら、リーザはレイモンドの横顔を眺めた。
「いや、元気が無いわけじゃないんだけどさ。
 ここのところずっと慌ただしくて、
 空を眺める余裕もなかったなぁ、って思って。」
その言葉に、リーザも静かに空を仰ぐ。

「もう暦の上では秋だな。」
昼間は熱気があるものの、夜には涼しい風が吹き込んでくる。
ARCANA RADIOの収録で訪れる次元の狭間と呼ばれた場所でも、確実に季節は進んでいた。
「何だかんだでセミもいつの間にか居なくなってたしな。」
夜になれば秋の虫が涼やかに鳴くようになった。
「そう言えばそうだな。
 ……目の前の事ばかりに囚われて、周りの季節を感じる余裕も無かったな」
いい天気とは言い難い空を見上げていると、雲間から日が差し込んできた。

「今年も暑かったが、去年の夏は暑かったな……。」
ふと思い出したように呟いたリーザの言葉に、レイモンドは視線を横顔へと移す。
「ああ、ホッカイドウへ行ったんだったな。」
招待状と次元を渡る不思議な護符を手に、何も知らないまま渡ったのはもう1年前の事だ。
「いきなり監獄に放り込まれたな」
「いや、あれは護符が、さ。」
ほんの少し意地悪なリーザの笑顔に、レイモンドは頭を掻きながら答える。
再び頭上を見上げると、小さな鳥が二羽ほど季節に追われるかのように通り過ぎて行った。

「……みんな、元気にしてるかな……。」
旅先で出会った、個性的で楽しい仲間の顔を思い浮かべながらレイモンドはぽつりと呟いた。
「今年はプロデューサーの都合で全然様子を知ることが出来なかったからな……。
 ――あれからもう1年か。ふふ、みんな、どう変化したかな。
 またいつか、ゆっくり話をしたいものだが……」
雲の隙間から差し込む日の光に目を細めながら、リーザが微笑む。

何だかんだでいつの間にかお気に入りになっていた面々を思い浮かべながら
空の向こうに思いを馳せていると、
「とりっくおあとりーto!!」
唐突に楽しげな声が響いた。
「うをっ!? びっくりした……」
「ふふhu……。作戦成功でsu」
二人が振り向いたすぐ先で、声から察するにしたり顔の(はずの)詩人が手を振って見せた。
アルビノで日差しに弱く日中は暑苦しいほどの完全装備なので
実際の表情はうかがうことが出来ないが……
「こんな所で何をしてるんでsu?
 ……と聞きたい所ですga、もうすぐ収録時間ですyo?」
詩人の言葉に、レイモンドとリーザはハッと顔を見合わせた。
「――ああ、そうだった。
 うっかり時間を見るのを忘れてた……分かった、すぐ行く」
「すまない。すぐ行こう」
二人の言葉を聞き大きく頷くと、完全装備の帽子を片手で押さえながら
くるりと踵を返した。
「でwa、れっつごーでsu♪」
楽しげに数歩先を先導する詩人の背中を追いかける。


収録部屋の前で3人は足を止めた。
「今日のお題はなんだろうな?」
「うーん……いつも大体ぶっつけ本番だからなぁ……。
 少なくともハロウィンじゃないはずなんだけど……来月だぞ??」
「あれ、今月だと思ってましta~~!
 お菓子が遠のいたでsu~~~!」
「……本気で今月だと思っていたのか……」
両手で頭を押さえ、本気でショックを受けている詩人の頭頂を軽く手で叩き、
「さて、行くとするか!」
ニッ、と二人に笑顔を向けると、レイモンドは収録部屋の扉を元気よく開いた。



【終】

line_3_L.pngline_3_R.png


……という事で、今回はリハビリで小説風に書いてみました >ω<;;
(ずっと小説の文章から離れていたので、たまには……。
 全然書けなくなっていたけれど……なんとか…書けた…のかな?? orz)


↓北海道でのお話はこちらから~ >ω< (北海道オリキャラオフ会 特設?ページ)
  (http://minibooks.blog.fc2.com/blog-entry-239.html)


昨年一緒に遊んでくださったみなさん、お元気でしょうか~
(昨年はありがとうございました♪ m(_ _)m” )

あれから急に遊びに行けなくなったので、
嫌われたんじゃないかと思っている方もいるのでは…と
…と心配になってしまっていますが…… (;ω;)

全然そんなことは無いのです~~ ><;;
(自分の考えをシッカリと言う練習中の為、ご迷惑が掛かってしまいそうなのも有り…)

ふぉるてが勝手におかしくなっているだけなので、
どうぞお気になさらないでくださいませ。m(;;_ _)m” ←迷走中
(結局全然遊びに行けず、本当にごめんなさい!!)

早めに復活したい…… orz ←1年経つのに早めとは如何に



ええと、ここでお知らせです。>ω<;

最近は隔週でオンエアしておりましたARCANA RADIOですが、
来月(2016年10月)は
オフラインでの予定が立て込んでおり、
(隔週でも)原稿を書く余裕がない……状態になりそうなので、

ARCANA RADIOの放送は
真に勝手ながら1か月間お休みをいただきます……。
(ぽつりと雑記をアップする可能性はありますです。
 ↑書きたいことは沢山あるけど追い付かず… orz)


ARCANA RADIOそのものは、
再び11月からおんえあする予定ですので、
またどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m” ぺこり

関連記事

comment

Secret

プロフィールっていうのか?

ふぉるて

Author:ふぉるて
ご来訪ありがとうございます~。
オリジナル長編ファンタジー小説
「ARCANA」を書き始めました。

アップはかなり遅いのでRSS(更新お知らせ機能)を使うと便利かもです。
ただ今、世界設定に四苦八苦中…

ぴよ
まだまだひよっこじゃな
月別アーカイブ
念のため…
著作権表記:
このブログ内の全ての文章及びイラストの著作権は、特に表示が無い限り「ふぉるて」にあります。
(頂き物、紹介した作品などは各作者様に著作権があります。)
引用を超える形式での無断での転載、再配布を禁止致します。
最新コメントでござんす
呟いてみるじょ
最新記事
リンク
ご迷惑をおかけしてしまう恐れがある為、現在非表示にさせて頂いております。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる